ユーザ名とパスワードを使用して、下記よりログインしてください。 ユーザ名とパスワードを忘れた方は、以下のアイコン(ログインリマインダー)をクリックしてください。

    

CMAJフォーラムの最新の実施予定です。
各回とも、当日まで参加申込みを受け付けていますので、奮ってご参加ください。

実施当日の正午までに参加申込をしたCCMJ資格者の方は、CPDポイントを5ポイント取得できます。CPD単位の取得を希望する場合は資格登録番号を明記の上参加申込みをお願いします。提携協会等の資格者については、取得可能なCPD等の単位数は所属協会等の規定によりますので、所属の協会等に別途お問い合わせください。CM協会にお問い合わせいただいてもお答えできません。

申込方法     申込フォームに必要事項を記入の上、メールまたはFAXにてお申込みください。日本CM協会事務局(メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。、FAX:03‐5443‐3965)

<申込方法①メール>
以下の申込みフォームを新規作成メールに貼り付けて送信してください。
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
----------------CMAJフォーラム申込みフォーム------------------
【参加するCMAJフォーラム】 第  回

【①区分】 会員 / 団体会員 / 非会員 / 提携協会会員/公務員・学生

【②会員番号】(CMAJ会員の方は会員番号を、提携協会の会員の方は協会名を記載してください)

【③CCMJ資格登録番号】(CCMJ資格者の方は資格登録番号を記載してください。記載がないとCPDポイントを付与できない場合があります)

【④所属組織】

【⑤氏名】
-----------------------------------------------------------------

<申込方法②FAX>
各回のご案内に添付されている申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてご返信下さい。
FAX:03-5443-3965

参加費 会 員:2,000円、非会員:4,000円、 団体会員企業所属の場合:2,000円、提携協会会員の場合:3,000円、 公務員・学生:2,000円

団体会員企業についてはこちらをご覧ください。

提携協会
公益社団法人 日本建築積算協会(BSIJ)・特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)・公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)

参加費は当日会場受付にてお支払いいただきます。参加申込をした方で、止むを得ず欠席する場合は、当日の正午までに協会事務局までお知らせください。

 

グループ割引(非会員の方を含む5名以上のグループ) 5名以上のグループで、同時に参加申込をしていただき、事前に参加費を振込んでいただいた場合に限り、一人当たり 2,000円で参加いただけます。

下記申込フォームに必要事項を記入してお申込ください。

申込フォームを受領後、参加費の振込先などを事務局からご連絡いたします。参加費の振込が確認できた時点で申込完了となります。

振込手数料は申込者にてご負担願います。

グループのメンバーについては同じ会社の方でなくても結構ですし、非会員の方だけのグループにも割引を適用いたします。ただし、申込後のキャンセルは受け付けられません。参加メンバーの変更がある場合はフォーラム当日の正午までに事務局までご連絡ください。

-----------CMAJフォーラム・グループ割引申込フォーム----------

【①参加するCMAJフォーラム】第 回
【②参加人数】  名(必ず5名以上でお申込ください)
【③代表者氏名】
【④代表者所属組織】
【⑤代表者連絡先電話番号】
【⑥代表者連絡先メールアドレス】
【⑦参加者氏名・CCMJ資格登録番号】(代表者以外4名以上)

【⑧請求書が必要な場合、請求書の宛先】

申込後のキャンセルはできません。参加者に変更がある場合はフォーラム開催当日の正午までにCM協会事務局にご連絡ください。
領収書が必要な場合はCM協会事務局までご連絡ください。振込確認後、代表者様のメールアドレス宛てにPDFファイルで発行いたします。
-------------------------------------------------------------

 

第74回 『公共事業におけるエージェント型CMの展望:石巻卸売市場の事例から』

講演日時

講師

 

ファシリテーター

2017年4月28日(金)

大村 浩之 氏(一般財団法人漁港漁場漁村総合研究所)

村田 達志 氏(株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ)

龍 治男(株式会社佐藤総合計画)

震災復興事業において、アットリスクCM方式が数多く採用され、CMに対する社会の認知度は急激に上昇しました。その後、一般的な公共事業においても、発注者のマンパワー不足などからエージェント型CMに対して事業創造や事業推進を期待する発注者が確実に増えてきています。

今回石巻卸売市場の事例をもとに、震災復興事業におけるCM方式を実践する中で得られた成果と課題、またそこから見えてきた公共事業における様々な問題点やCMの今後の活躍の可能性について、お話いただく予定です。

詳細はこちら

 

第75回 『「プロデュースする人」杉浦幸の総合プロデュースとマネジメントメソッド』

講演日時

講師

ファシリテーター

2017年5月24日(水)

杉浦 幸 氏(有限会社コンテンポラリープランニングセンター)

松岡 和樹(戸田建設株式会社)

杉浦氏は、有限会社コンテンポラリープランニングセンター(略称:CPCenter)代表取締役として、業態開発プロデュース、ブランディングプロデュース、コンテンツプロデュースの分野で幅広く活躍されており、「モノからハコそしてコト、トキ」までの企画開発を、マーケティングからデザインまでトータルにプロデュースされています。実績として、東京ミッドタウン、コレド日本橋、レミィ五反田など商業施設のコンセプトメイキングやゾーニング、MD計画、Fairy Cake Fairや軽井沢旬粋などの業態開発、さらに病院のブランディング等があります。

今回の講演は、豊富なプロジェクト経験を通し、今後の建築のモノづくりにおける『人々の集う場作りにおける真のプロデュースとは何か?その手法とマネジメントメソッド』についてお話し頂きます。

 詳細はこちら