日本CM協会のCPD研修制度の基本内容

CCMJ資格試験に合格しても、5年も経てば社会環境は変化し、常に自己啓発しなければ個人の知識はやがて陳腐化します。顧客・社会からの多様化するニーズに対応するため、CMrは絶えず最新の知識を吸収し、多くの経験により能力向上を図り、すぐに活用できる状態にしておくことが重要です。

 

CMrに大切なCPD研修

(学習)+(活動)+(参加)のプログラムを組み合わせたCPD研修を継続して行うことにより、自分のCM知識・経験・能力を高めることが可能です。CPD研修制度は、わが国だけでなく、国際的にも「資格のレベルを保証する」ものとして重要視されています。

 

CCMJ登録証の更新とCPD研修制度の全体概要

【CCMJ資格取得】

(1)CCMJ資格試験受験し、合格

(2)CCMJ資格試験合格通知(2年間有効)

(3)CCMJ資格登録申請(申請期間は試験受験の年の10月~11月頃)

(4)CCMJ登録証交付(最初のCCMJ登録証の交付は試験受験の年の12月下旬頃)

【CCMJのCPD研修】

(5)CPD研修(登録証発行後の1月1日からCCMJ登録証有効期限前年の12月31日までの5年間)

CPDプログラム   ⅰ)この期間にCPDプログラムある学習型・活動型・参加型の研修メニューを実行。

ⅱ)実行した研修メニューのCPDポイントを<シート①>CPD研修ポイント算定表に従って記録。

(6)CPDポイント申請(登録証の有効期限の前年の12月1日から翌年の1月20日まで)

(7)申請されたCPDポイントを日本CM協会にて審査し結果を通知

(8CCMJ資格更新が認められた場合、更新登録手続きの案内

(9)CCMJ資格更新登録申請

(10)CCMJ登録証交付

以降も(5)~(10)を継続して実施

 

認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)資格更新制度については、「CPD研修手帳」に記載されておりますが、CPD(継続能力開発)の概要 ついて、特に重要なポイントを簡単にまとめました。下記のPDFファイルをご覧ください。

CPDの概要について(PDF版)

 

 

※2018年1月1日より始まるCPD研修制度の見直しについて

新たなCPD研修期間の始まる2018年1月1日よりCPD研修を、以下の主な見直し事項を反映した新しい内容で行うこととします。詳細につきましては、CPD研修手帳(2018年1月1日より)の内容をご確認ください。

認定コンストラクション・マネジャー資格制度規程の改定およびCPD研修制度の見直し

CPD研修手帳(2018年1月1日より)